【脂肪溶解注射】リジェンスリムとは?【小顔に】

リジェンスリムは韓国製 etc.
リジェンスリムは韓国製

次に受ける脂肪溶解注射を何にするかで迷っています。

今、新たに検討しているのが『リジェンスリム』です。クリニックによっては、身体には打つけれど、顔には打てません、としてるところもあるようですが、顔にも打てることはいくつかのクリニックで確認できています。

リジェンスリムとは?

リジェンスリム(regen slim)は、フォスファチジルコリンを使用した脂肪融解注射。

脂肪融解作用のあるフォスファチジルコリンの他には、脂肪の燃焼を促すカルニチン、筋肉量を増やすはたらきで脂肪の減少を助ける『IGF-1』という成分が含まれています。

 

生産国は「韓国」

リジェンスリムは、韓国🇰🇷のハンスバイオメド社の製品。ハンスバイオメド社は、「アジア初のアメリカFDA登録組織」だそうです。(公式サイトより)

ハンスバイオメド社 日本語サイト

http://www.hansbiomed.com/jp/

二重あご、頬のたるみにも適応あり

これまでの脂肪溶解注射に比べて腫れにくい、腫れが少ないとのふれこみで日本に入ってきたものの、ネット上のレポートなどを見る限り、やはりある程度腫れるようです。

そのためか、クリニックによってはリジェンスリムは身体には適応だけど、かおにはbnlsを勧めているところが多いようです。

ですが、私が検討している東京のクリニックでは、リジェンスリムは二重あご、頬のたるみにも適応と記載がありました。

まさに、気にしている部分なので、もしリジェンスリムに決めた場合はそのクリニックで受けようと思います。

[PR]NEWAリフト 美容クリニックの治療が家でもできる