「保険機能食品」と単なる「健康食品」の違いとは?【登録販売者の勉強】

etc.

スーパーでもドラッグストアでもネットでも、とにかく無数に種類がある、健康に良いと言われるいわゆる健康食品。一昔前は、ちゃんとしたエビデンスもないのに「がんが治った」「アトピーが完治した」などと標榜して、逮捕されてる製造販売元がちらほらいました。

近年ではさすがに文字で書いていることはなくて(たまにまだ、よく捕まらないなーという表現をしてる怪しいメーカーもありますが)口コミなどの形を取って「うちの叔母がこれで末期がんが治ったのー!あなたに効くかは分からないけど」などと「飽くまで使った人の感想」「宣伝広告ではなく、使用者の自発的なおすすめ」のていで、怪しい高額な健康食品をすすめるバイラルマーケティングが、根強く残っている形でしょうか。

個人的には、以前に冷たい皮膚科の女医のせいで医療不信になり、代替療法と呼ばれるものも色々試し、自分でも自然療法の資格持ってることもあって、あんまりそのあたりも悪口は言いたくはないのですが。本当にその人には「効いた」(←一発アウトの表現)のかもですが、なんの知識もなく、販売側の売り文句を鵜呑みにして高額の健康食品を他人にグイグイ薦めるのは、いかがなものかと思ってます。

アメリカでは~、カナダでは~標準の治療で~、フランスのナントカセラピストの間では効果が認められてて(←一発アウト)と、おっしゃる方々もいますが、、、私の学んで役立ってる自然療法も、フランス発祥で薦める製品はEU圏ではーなものばかりですんで、同じ穴のムジナではありますが、、、

やはり一応、日本という国に住んで日本の法律で守られつつ、なんぞのときは裁かれる危険の下に暮らしているからには、日本国が許認可したものかそうでないかって、大事だと思うんですね。

ということで、登録販売者の資格を粛々と取ることに決めたこともあり、

一番気になっているのが

「保険機能食品」と「健康食品」の境目。

※ちなみに、私はAmazonで2017年現在も売れ筋の7日間でうかる! 登録販売者 テキスト&問題集 2016年度版をメインに勉強中です。もうちょっと勉強が進んだら、過去問の平成29年版 全国登録販売者試験過去問正解にもトライする予定!

保健機能食品と単なる健康食品の違いとは?

まず、「保健機能食品」というと一般的には「特定保健食品」いわゆる「トクホ」を思い浮かべがちですが、これだけではありません。

★保健機能食品は3種類

保健機能食品は、トクホの他に、

・栄養機能食品
・機能性表示食品

があります。名前が似ててさっそく混乱しがち。。。

トクホとこの2つを合わせた総称が「保健機能食品」となります。他に「特別用途食品」まであるんですが、それはこの保健機能食品には含まれないようで🙄⁉️

★特定保健機能食品とは?

身体の生理学的機能等に影響する成分を含む。

*重要*
有効性や安全性などについての審査を受けて、内閣総理大臣の許可を得ているもの。消費者庁許可等のマークも付いている。

このマークがある。


★栄養機能食品とは?

1日の摂取目安量に含まれる栄養成分の量が、基準に適合していること、その表示が義務。

栄養成分を摂取する際の注意事項の表示が義務。

*重要*
消費者庁長官の個別審査を受けたものではないとの表示が義務。

★機能性表示食品とは?

事業者の責任で、科学的根拠に基づいた機能性を表示しているもの。販売前に、安全性と機能性の根拠に関する情報などが、消費者庁長官に届け出られたもの。

*重要*
届け出はされていて、特定の保健目的が期待できると機能性の表示はできるが、消費者庁長官の個別許可を受けたものではない。

★単なる健康食品とは?

上記の保健機能食品に含まれないもの。
特定の保健用途に適するなどと「効果」が表示されている、あるいは製品から医薬品成分が検出される場合は、無承認無許可医薬品として、取り締まりの対象となる。


★Amazonで売れ筋だった7日間でうかる! 登録販売者 テキスト&問題集 2016年度版をメインに勉強中です。2016年版ですが、すごく分かりやすいです。

7日間でうかる! 登録販売者 テキスト&問題集 2016年度版

過去問を解くのも重要です。平成29年版 全国登録販売者試験過去問正解は、当然ながらamazonでも売れ筋No.1(2017年2月1日現在)

平成29年版 全国登録販売者試験過去問正解