薬剤師と登録販売者の扱える一般用医薬品の違いとは?【登録販売者の勉強】

etc.

医薬品にはリスク区分があります。ホームセンター内のドラッグコーナーなどでは、薬剤師不在の時間帯には購入不可な薬剤がありますよね。

無資格の店員はもちろん、登録販売者でもなく、必ず薬剤師がいなければ販売してはいけないのが、要指導医薬品と第一類医薬品です。

■登録販売者が販売可能な一般用医薬品のリスク区分

薬剤師は以下すべてのリスク区分の医薬品の販売が可能。登録販売者は、第二類と第三類のみ。

*ちなみに、一般医薬品のリスク区分は、適宜見直しが図られている。

★要指導医薬品

スイッチ直後の医薬品、毒薬や劇薬などのうち効能効果が人体に対する作用が著しくないものの区分。薬剤師やその他の医療関係者から提供された情報に基づいて、需要者(薬を使う人)の選択で使うことが目的とされるもの。

◎重要!

適正に使用されるために「薬剤師の対面」での情報提供と薬学的知見に基づいた指導が必要と「厚生労働大臣が薬事・食品衛生審議会の意見を聴いて指定するもの」である。

★第一類医薬品

1. 副作用等により日常生活に支障をきたす程度の健康被害が生じる恐れのある医薬品のうち、「特に注意が必要と厚生労働大臣が指定するもの」

2. 既存の一般用医薬品と有効成分・分量・用法用量・効能効果が明らかに異なるもの。*主にスイッチOTC、ダイレクトOTC

★第二類医薬品

副作用などにより日常生活に支障をきたす程度の健康被害が生じる恐れのある医薬品で、第一類を除くもののうち、厚生労働大臣が指定するもの。

*第二類医薬品の中でも、特別に注意を要するものを「指定第二類医薬品」と呼ぶ。厚生労働大臣が指定する。

★第三類医薬品

第一類、第二類以外の一般用医薬品。

2018年現在、第2類と第3類はネット通販でも購入できるようになり、ますます登録販売者の需要も高まる……ことを個人的には期待しています。第1類もネット通販可能ですが、こちらはやはり薬剤師がいるネット通販のお店からのみ購入可能です。


【参考文献】
7日間で受かる!登録販売者テキスト&問題集
詳細はこちら↓
登録販売者の勉強に役立った参考書と過去問

厚生労働省 販売制度(ルール)の改正(平成26年6月12日施行)