【豆知識】びわの薬効成分はインドの経典時代から有名?

びわ etc.
[PR]メイドインジャパンの世界最高純度CBDオイルなら【CBDダイレクト】

びわ

びわの薬効成分「アミダグリン」とは?

ビワの種には、「アミグダリン」という成分が多く含まれている。
アミグダリンは、「がん細胞を破壊する」と言われている。

★古代インドの経典『涅槃経』にもびわの薬効は記されている

『なんと3千年も昔から、涅槃経(ねはんきょう)などインドの古い仏典の中に、びわは大変優れた薬効を持ち生きとし生けるものの万病を治す植物として登場』

『びわの樹は「大薬王樹」、びわの葉は全ての憂いを取り除く「無優扇」と名付けられていた』

参考文献:薬草の自然療法-難病も自然療法と食養生で治そう

薬草の自然療法-難病も自然療法と食養生で治そう

新品価格
¥1,404から
(2015/10/1 20:37時点)

[PR]メイドインジャパンの世界最高純度CBDオイルなら【CBDダイレクト】