軽い虫歯なら削らない治療が標準に?虫歯治療ができる歯磨きも登場!

虫歯が治せる歯磨き粉ビオミンF etc.

医学は日々進歩していますが、ついに歯医者で虫歯を削る、抜くといった苦行から人類が解放される日も近づいてきたようです。

2016年1月のニュースですが、進行の進んでいない、軽い虫歯であれば、最近は削らずにフッ素などで処置して経過観察で良くなってきたようです。

シドニー大学の研究結果によると

シドニー大学のウェンデル・エバンス准教授らの研究チームは、22の歯科医療機関と連携してのべ1000人の患者を調査する7年間にもわたる実験の結果から、「多くの虫歯治療にはドリルで削ったり、詰め物したりする必要はない」との結論を出しました。

ドリルで削らなかったオーラルケア・グループの虫歯は30%から50%が減少し、中でも1年間に2本の虫歯治療が必要とされる虫歯リスクの高い層に限って言えば、虫歯の減少率は80%も高かったことが分かりました。

この結果を受けて、エバンス准教授は、「多くの虫歯のケースでドリルで削って詰め物をする必要はない」と述べています。

引用元:虫歯を削る必要はないと判明、虫歯治療の根本概念が変わる可能性(Gigazine)

ドリルで削らないグループがやったことは、高濃度のフッ素を虫歯になった部分に塗布するだけ。そして、砂糖など虫歯の原因になる甘いお菓子などを制限しただけだそうです。これは画期的ですね!

ただし、すでに大きな穴が空いてしまった進行した虫歯の場合は従来通りの治療が必要だそう。。。

ということで、虫歯っぽいと思ったら早めに歯医者にかかる習慣をつければ、ドリルで削られる恐怖からは解放されそうですね。

ですが、なんと歯医者にかかるまでもなく「虫歯を治療できる歯磨き粉」まで、ついに登場したそうです。

虫歯を治療できる歯磨き粉がイギリスでついに登場!

そのスゴい歯磨き粉の名前は「BioMinF(ビオミンF)」

虫歯が治せる歯磨き粉ビオミンF

UK公式サイト:http://www.biomin.co.uk/

その名の通りの「ビオミンF」という成分が含まれていて、寝る前に歯磨きをすれば、カルシウムやリン酸塩、フッ素などの成分が歯の細かな穴をふさぎ、歯の再石灰化になるのだそうです。

参考:ついに虫歯を治せる歯磨き粉が英国で登場。 日本での発売は?

ビオミンFの値段は日本円にすると600円程度

このビオミンF、EU圏では4.99ユーロほど、日本円に換算すると600円程度で販売されるそう。安いですね。

ビオミンFは知覚過敏にも効果が期待できる

歯の再石灰化を促し、使い続けることで歯そのものが強くなるため、知覚過敏にも効果が期待されるそうです。虫歯がない人でも、知覚過敏がある場合はこれは朗報ですね。

日本での発売は?

2016年11月現在、残念ながら日本ではまだ発売されていません。発売情報が分かったらこちらに追記します。