【二重あご】「痩せているのに二重あご」は腎臓か肝臓が弱ってる可能性

etc.
23NwSSPEapbcA0J1461442392_1461442472

「痩せているのに二重あご」の原因として考えられるものに、

・加齢と共に皮膚がたるんできた

・顔筋の衰え

などがありますが、いくら顔ヨガをしても、ウワサの舌回しをやってみても、皮膚の張りを取り戻すためアレコレやっても、相変わらずあご下がぷよぷよ……。

その場合は、もしかすると「腎臓」の機能低下による水分代謝のおとろえか、「肝臓」の機能低下による血液中の浸透圧調整がうまくいかなくなったことが原因かもしれません。

■「肝臓」が原因でむくむことも

肝機能が低下すると、肝臓で生成される「アルブミン」というタンパク質が減少してしまいます。アルブミンは血液中の必要な栄養素などさまざまな物質を運ぶ働きと、血液の浸透圧を維持して血液の濃度を調整する働きをもっています。アルブミンが減少すると浸透圧が低下し、むくみが起きます。

■顔のむくみの原因の一番はやはり「腎臓」に

腎臓は血液をろ過して、老廃物や塩分を尿として排出する重要な臓器。腎臓の働きが悪くなれば尿が出にくくなり、不要な水分や老廃物が体内に留まるのでむくみにつながります。

むくみは、例えばごくたまにアルコールを飲んだ翌日に顔がむくんでいても元に戻りますが、慢性的にむくんだ状態が続くと、むくみが定着し、あご下のタプタプも定着してしまいます。気付いたらすぐにその日から食事や生活改善を、そしてそれでもやはりむくみが気になるようであれば、一度病院に行ったほうがいいかもしれません。

【DVD付】顔ダンスで即たるみが上がる! 若返る!