【アトピー色素沈着】皮膚科でハイドロキノンが出ました

ハイドロキノン アトピーの話

ようやく、信頼できる皮膚科が見つかり、ヒルドイドに出会って感動しています。

先日またヒルドイドをもらいに行ったところ、首の色素沈着が先生は気になったようで(一度、せっかく薄れたのですが先日からの再発で首からデコルテまで、バリバリ掻いてしまい、また色素沈着が新たに濃くなってきています)

ハイドロキノン

ハイドロキノン

という、これもまた有名な美白用の外用薬を出してくれました。こちらは自費です。

一本3000円。

ネットの美容情報では、だいたいはトレチノンでのピーリングと合わせてハイドロキノンを使うようですが、私の場合はアトピーで肌が弱いのでピーリングはせず、時間はかかるものの、安全策としてハイドロキノンのみで色素沈着に対処していくことになりました。

、、、のが、11月でしたが、なくなったのでまた今月も行ってきました。比較画像を撮っていないので具体的にどらくらい、は分かりませんが、自分比では1ヶ月でも、市販の美白の塗り薬を使っていた頃より明らかに目に見えて色素沈着が薄れています。

今後も続けていきたいと思います。

【12/22 追記】

10gで3000円の、病院で出してもらった4%のハイドロキノンをコスパ最高!と思ってたのですが、ハイドロキノンのクリームは、含有率のパーセンテージは幅がありますが、4%くらいなら普通に市販されてるんですね……。

Amazon.co.jpで購入可能なハイドロキノンはこちら

楽天市場で購入可能なハイドロキノンはこちら

診察料ともらいにいく時間を考えると、やはり皮膚科に通い続けるか、ちょっと悩むところです。

ちなみに、アマゾンだと12/22現在で一番売れているのは、2%のこちらのハイドロキノンクリームのようです。

ハイドロキノンクリーム(ホワイトクリーム) 日本製

新品価格
¥1,296から
(2016/12/23 04:46時点)

2%、と市販なので安全性を考えて低めの濃度、でも重ね塗りで4%と同等・・・だそうです。皮膚科でも、5%以上になると使い方次第ではハイドロキノンは炎症を起こしたり、白斑の原因になったりするので、安全と効果の兼ね合いで4%が推奨と言ってましたね。

純ハイドロキノン2%(純度99.9%)配合 重ね塗りで4%ハイドロキノン製剤と同等効果
スポット使いでご利用ください
高価なハイドロキノン化粧品をリーズナブルに。弊社のC10ローションに10%配合しているリン酸型ビタミンCに比べて、ハイドロキノンの原料価格は大幅に安く、高額なハイドロキノン化粧品が多い中、適正価格での販売を目的にホワイトクリームを発売しました
高級化粧品のみに使われるエアレス容器を採用。ハイドロキノンの劣化を大幅に防ぎます。

引用元:ハイドロキノンクリーム(ホワイトクリーム) 日本製

ハイドロキノンクリーム(ホワイトクリーム) 日本製

新品価格
¥1,296から
(2016/12/23 04:46時点)

 

ちなみに、ハイドロキノンは熱に弱く、皮膚科で出されたものの冷蔵庫で保管したほうがいいと言われましたが、市販品でも冷暗所保存がマストだそうです。海外からの輸入品で、たまに「色が変色していた」などがあるそうですが、管理が悪く劣化したものを使うと何が起きるか分からないので注意したほうがいいです。市販、海外輸入で有名な「ユークロマ」という4%のハイドロキノンは、変色したもの、使用期限切れのものが届いた、という話もあるのでご注意を。